2015年09月11日

ナイゲンの稽古をしております。ナイゲンの話もしたいけど、明日は!9月12日は!黄金のコメディフェスティバル2015の放映日なのです!

こんばんは塩原俊之です。

コメフェスが終演し一週間以上が経ちました。
もうすぐそこまで迫っているナイゲン(全国版)の本番に向けて稽古稽古の日々です。

ですがまだコメフェス2015は終りじゃありません。
そう、明日9月12日、BS日テレさんで「黄金のコメディフェスティバル2015」のグランプリ作品&フェスの模様が放映されます!

コメフェスを観に来た方もそうでない方も、とにかく多くの方に観て頂きたい。
いち小劇場の演目が、こうしてまるまる一本TVで放映されるというのは、本当に本当に意味のあることだと思います。

世の中のほとんどの人は知らないだろうけど、日本には面白い演劇が沢山あります。
その中でも「小劇場」と呼ばれる我々の属する界隈は特に世の中には認知されていないでしょう。
何千人何万人も収容出切る大きな会場でも無ければ、日本人なら誰でも知っているようなスターが登場するわけでもない。
けど、確かに存在する人、劇団、作品があるのです。
雑多な街の、雑居ビルの地下にひっそりと存在する100人も入れないような小さな芝居小屋に、それまで演劇なぞ観た事もない、という人がふと思いつきで入る(入れる)機会はそうそう多くはないでしょう。
いざ勇気を出して入ってみたところで、どんな作品がやっているかも分からない、面白いかも保証出来ない、拙い台本で拙い役者が拙い作品を生み出しているかもしれない。
それでも一丁前に入場料は取る。
そんな行為、なんて非生産的で、なんて非合理的なんだと思う人も沢山いるかもしれない。
でも、確かに存在しているんです。
僕らは、そのことを知ってほしい。
小劇場という世界があることと、そこに人がいることを。

黄金のコメディフェスティバル、今年も六つの劇団が熱い戦いを繰り広げました。
放映されるのは一団体だけだけど、小劇場という世界を形成しているのは僕らだけではありません。
そのことを知ってもらう、多くの人に届けるというのが今回の放映での僕らの大事な役目でもあります。
まずは、とにかく観てほしいです。沢山の人がこの場にいます。
それで面白かったら、そのことを誰かに伝えて頂きたいです。

あ、先に言っておきますけど、あれだけの戦いの中から選んで頂けた作品です。
「面白い」ですよ。
--------------------------------------------------
笑う舞台!最優秀作品〜黄金のコメディフェスティバル2015〜六劇団の熱い10日間

小劇場から始まる新たなチャレンジ…。新進気鋭の6劇団が新作コメディで競演!若き演劇人たちの良質な作品作りを応援するためにテレビと劇場がタッグを組んだイベント「黄金のコメディフェスティバル」。最優秀作品をBS日テレ独自の映像でお届けする。

黄金のコメディフェスティバル2015・最優秀作品賞受賞『七人の語らい/ワイフ・ゴーズ・オン』作・演出/冨坂友▽出演/アガリスクエンターテイメントほか

ナレーター
福地教光(バンタムクラスステージ)

http://www.bs4.jp/programschedule/detail/detail_pc_309063458.html
------------------------------------------------------


Yahoo!!ヘッドラインに取り上げて頂きました!

「黄金のコメディフェスティバル2015」−第3回グランプリはアガリスクエンターテイメント「七人の語らい/ワイフ・ゴーズ・オン」  /
東京(みんなの経済新聞ネットワーク) - Yahoo!ニュース http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150908-00000018-minkei-l13





開会式の模様を協賛のGOLD NEWSサイトにて公開中

【熱戦!】コメディの甲子園「黄金のコメディフェスティバル2015」開幕!
- ライフ・一般 - ニュース - GOLDNEWS(ゴールドニュース)- 金・ゴールドに関する情報サイト http://goldnews.jp/news/life/entry-3691.html






また、今回の放映にご尽力頂きました新井さま初めBS日テレのみなさまには厚く御礼申し上げます。


posted by しーおー at 05:17| Comment(0) | TrackBack(0) | コメフェス2015 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月07日

コメフェスの思い出を語る雑記。作品については書きません(長くなるから)気になった人お世話になった人とか色々。

こんばんは塩原俊之です。

コメフェスについて書きたいことが山ほどあるけど、とにかく文章が長くなってしまう悪癖を避ける為に写真と雑記で簡単に。

E37DC7EB-C97E-4485-B9E7-D9309D133116.jpg
開会式でのパネルトーク。
スズキプロジェクトの平田雅大さんのMCで進行。
総合演出は劇団鋼鉄村松のバブルムラマツさん。
スズプロのじぇーむすさんが学生時代に「天真爛漫賞」を頂いたという話に超笑った。
なんやねんその賞w


4F915AFB-9B81-4CB5-8E32-D2B0773EAB93.jpg
自分のチク毛トークに的確にツッコミを入れてくれる江戸むらさき野村さん。
同じパーチームで大変お世話になりました。

パネルトークは終始下ネタで盛り上がり。
そんな中、下ネタが武器のPeachboysさんが全然その話題に入ってこないという件も超笑いましたw

と思いきや
237C0988-8440-4BD7-AE30-08115691AF84.jpg
Peachboysガールズが突然の乱入。
よく見ると審査員の遠藤さんも乱入している。
カオス過ぎんだろ。


コメフェスに空前の「ズゥァッツ!」ブームを巻き起こしたPeachboysの皆さんは本当に面白い人達の集まりだった。
CFD2BC78-04E2-4789-9E61-8F24CF3BED2B.jpg
ブッコミターーーイ!
ハリス役の園田さん。この顔である。
飲み会でイジると十中八九「やかましわ」で返してくるから、やかましわロボットかと思ったw



49B7E720-8C23-4BC4-9DAF-E531EC43193B.jpg
スズプロのボスすずきつかささんは言うまでもなくやはり超オモロイ人だった。(写真右)
楽屋裏でも冗談とか言い合ったり盛り上げてくれて、超いい兄貴でした。

F525CBAE-5976-4764-B9DD-0A00B9ABAA58.jpg
後ろからみたらアホ過ぎる(笑)

B474D8DA-DAAB-4584-B6FA-155BFAFDF29E.jpg
眉毛細すぎ、スズプロのさん。
開会式後の懇親会で圧倒的に面白い人いてなんだこの人ヤベー!と思ったらまさかのだいぶ年上の方でしたw
劇中の役もアホな彼氏でおもろかったなー。
てかこの写真の後ろに写ってるジャンプさん怖すぎだろ。


BF10ABC1-E63E-4914-9625-A8B266871A6C.jpg
グランプリ受賞直後の写真。


それにしても今年のコメフェスは全然写真撮ってなかった。
もっといっぱい撮っとけば良かったなー。
去年はいっぱい撮ってたんだけどな。


まだまだ書きたいけどまとめきれないから箇条書きで

・同じパーチームでお世話になったモーレツカンパニーさん。その中でも西村尚登くん、中沢徳人くん、小川大悟さんの三人は特に大変お世話になりました。
尚登くんは年下らしからぬ大人っぽさ、色んなところに気が利く超イイ奴。前園選手にとにかく似てたw
プライベートは苦労人、徳人くんも年下ながら色々お世話になりました。
本番に向けてめちゃくちゃキャラチェンした大悟さん(a.k.a小悟くん)は舞台仕込みの時から沢山お話させて頂きました。


・鋼鉄村松二枚看板の受賞
「滅亡のコメディア」で作・演出を務めたバブルムラマツさんが優秀脚本賞と優秀演出賞を。
連邦書記長役を務めたボス村松さんが優秀俳優賞をそれぞれ受賞されました。
いい歳した演劇の大先輩のおっさん達が、こういう形で表彰されるのを見てなんだか泣きそうになりました。
本当におめでとうございます!


・昨年から共に闘ったバンタムクラスステージさんが優秀作品賞受賞
そして看板俳優の福地孝光さんが最優秀俳優賞を受賞!めでたい!
去年も仲良くして頂いた沖田幸平くん、今年も舞台裏で沢山絡ませて頂きました。幸平くん、舞台上でも堂々としてて、とてもまだ俳優暦数年とは思えんなー。


・気になった俳優さん
塩原賞があれば是非PeachboysのGOさん、三宅法仁さんに贈りたい。お芝居が上手なのにとても面白い、コメディアンとしてただただ尊敬します。
法さんをググったらラディッツ役をやってた頃の写真が出てきた。どんな芝居!?


わ、わ、結局かなり長くなってしまった。
全然まとまりがないけどひとまずこの辺で。
気が向いたらまた続き書きますー。
posted by しーおー at 02:43| Comment(0) | TrackBack(0) | コメフェス2015 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月04日

黄金のコメディフェスティバル2015終演致しました。簡単に取り急ぎの報告のみ。

こんばんは塩原俊之です。

ツイッターでは散々呟いておりましたが、ブログでの報告がまだだったので書かせて頂きます。

昨年、惜しくも準グランプリ止まりで涙を呑んだ黄金のコメディフェスティバル2014。
その雪辱戦となったコメフェス2015にて

アガリスクエンターテイメント
「七人の語らい/ワイフ・ゴ−ズ・オン」




最優秀脚本賞

高校生審査員賞

観客賞


そして

最優秀作品賞
(グランプリ)

の四冠に輝きました!

本当に本当にありがとうございます!

コメフェス公式アカさんが受賞の瞬間をアップしてくださいました。



自分の後ろ4人が泣いてるw
去年は悔しさで流した涙、今年は嬉しさでの涙に変えられて本当に良かったです。
ずっと応援して下さったアガリスクファンや関係者の皆様、去年一緒に悔しい思いをした皆様に、いい報告が出来たのがとにかく嬉しいです。本当にありがとうございました。

そしてこのフェスを支えて下さったスタッフの皆様、関係者の皆様、会場まで足を運んで下さったお客様、プロデューサーの登紀子さん、そしてシアター風姿花伝様、お疲れ様でした!ありがとうございました!
開催中に少し呟きましたが


本当に大変なんです。ショーケース企画。
人が集まれば集まるほど、それをまとめるのにパワーがいりますからね。
運営の皆様、重ね重ねですがお疲れ様でした。

そしてなんと言っても今年一緒に闘った強敵(とも)達!
Peachboys
バンタムクラスステージ
劇団鋼鉄村松
スズキプロジェクトバージョンファイブ
モーレツカンパニー
には更なる感謝を!
気に入った劇団がありましたら、是非劇場へと足を運んでみて下さい。

まだまだ書きたいことは山ほどありますが、取り急ぎ優勝の報告とさせて頂きます。
本当にありがとうございました!

posted by しーおー at 05:09| Comment(0) | TrackBack(0) | コメフェス2015 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
このブログの記事は塩原個人が書いております。 掲載された記事に何か問題がありましたら、お手数ですがt_shiobara(あっと)agarisk.comまでご連絡ください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。